2017年8月19日 (土)

九州料理居酒屋「うみきん」(渋谷店)

前例がないといわれる7月の暑さによってバテ気味になったため、8月中旬に予定される飲み会は、エネルギー補給になりそうなバーベキューにすることを思いつきました。ネット検索で知ったあるレストランを下見しましたが、どうもピンとこないため、会場選びは仕切り直しです。そして、考えが及んだ和風の肉料理。全個室の言葉にも惹かれました。臨席から聞こえる声高な会話に悩まされたくないのです。

渋谷駅のハチ公口を出て、今や世界的な名所になったスクランブル交差点を斜めに渡り、道玄坂下交差点から文化村通りを東急百貨店本店方面へ数十m歩いた雑居ビルの4階にこの日の目的地である九州料理居酒屋「うみきん」があります。渋谷駅から約1分の近さ。ちなみに、1階はファミリーマートがあり、2階からは8階までは飲食店が入っています。ちなみに、店名の「うみきん」は漢字で「海鑫」と書くようです。 
  201708170005 

小さな雑居ビルですから、各階にエレベーターホールはなく、エレベーターのドアの先は店内です。受付カウンターの前には居酒屋らしく、日本酒の「獺祭(ださい)」(山口県)、「八海山」(新潟県)、「鍋島」(佐賀県)、「七田(しちだ)」(佐賀県)などが並んでいました。 
  201708170006  201708170007 
左手にある下足箱に履物を預けるシステムになっていました。
  201708170003 

右手の受付カウンターの脇に長い廊下があり、その両側に個室が10室ほど並んでいます。壁に掛けられた白板には午後6時から午後9時まで10組、計57名の予約が入っていました。人気店のようです。(注、予約者の名前は画像処理で削除) 
  201708170002 

この日の参加者4名分の席が用意されていました。ちなみに、予約したのは3時間飲み放題付全9品の「向陽コース」(3980円+税)であり、卓上ガスコンロとタレが入っていると思われる容器が置かれています。そして、壁際には海鑫(うみきん)限定地酒マップが。 
  201708170001 

雑居ビルを見つけるのに手間取ったメンバーも揃った午後6時過ぎ、「とりあえずビール」で乾杯。元気で再会できたことを互いに祝福。さっそく、料理が配膳されました。 
  201708170008 
「季節の前菜」は居酒屋らしい「キャベツのくし型切り」(上の写真左)で、味噌ダレをつけて食べます。また、「新鮮旬魚の姿造り」(同右)は鯵(あじ)のようですが、切り身の色から尾赤アジ(オアカムロ)かもしれません。
 

「海鑫」の看板を見たメンバーは金という漢字を三つ組み合わせた字に興味を持ったそうです。日常生活で使う漢字の中にも森・轟・品・晶などの例がありますが、私も鑫(きん)の文字は今回初めて知りました。調べると、同じ漢字を2つあるいは3つ組み合わせた漢字は理義字(りぎじ)と呼ぶのだそうです。その例は他にも、毳(ぜい)、蟲(ちゅう)、贔(ひ)、磊(らい)、㐂(き)、淼(びょう)、焱(えん)など多数ありました。 

 

次いで配膳された料理は「黒豚の冷製しゃぶしゃぶサラダ」。さっぱりした「冷しゃぶ」と新鮮でカラフルな「野菜サラダ」の組み合わせは食欲を刺激してくれます。 
  201708170009 

「鶏ささみととろけるチーズのはさみ揚げ」は思わず箸が出る美味しさ 
  201708170010 

午後7時を飲み物はビールから焼酎に変わりました。麦焼酎のオンザロック、イモ焼酎のお湯割りなど。
 

「鮮魚のガーリックテールステーキ」は迫力があります。ナイフとフォークで取り分けるのは大変ですが、見た目と違い脂がのった柔らかい肉でした。4人でも食べきれないボリュームがありました。モヤシとの相性も良いものです。 
  201708170011 

仕事で地方に滞在していたメンバーの近況などに夢中になってしまったようで、迂闊にも「国産牛ハラミの炭火焼」の写真は撮り忘れてしまいました。厚めにスライスされたハラミは内臓肉(モツ)である横隔膜の筋肉ですが、味付けが良くレタスで包めば、癖を感じることなく食べることができました。(注、写真はグルナビから引用) 
  2017081700015 

午後7時ころには、周囲の個室も客で埋まったようで、若い声があちこちから聞こえ始めました。個室と言っても、天井付近には壁がないためです。個室に期待し過ぎたようです。
 
メイン料理は「馬肉のすきやき鍋」の材料が配膳されました。大皿に盛られた肉は牛肉のようですが・・。ニンジン、キャベツ、えのき、レタスなどの野菜もたっぷり。ちなみに、右上に少し写るのは「国産牛ハラミの炭火焼」。 
  201708170012 

調理は客が行うようです。普通のすき焼きと同様、脂身を溶かした鍋に肉を入れて両面を軽く焼いたところで、野菜を鍋に入れてタレをたっぷり注ぎました。甘辛い味付けのすき焼きが完成。溶き玉子とともに美味しく食べました。
 

すき焼きを食べ終えた40分後にに、〆のうどんが配膳されました。タレを追加してうどんを温めると、四方から箸が伸びて、あっという間に鍋は空に。 
  201708170013   

デザートはパイナップルとケーキ(注、パイナップルは撮影前に売り切れ) 
  201708170014 

2時間半が経過したところで、今回の飲み会はお開きになりました。飲み放題付のコースメニューですから、一人当り4300円ポッキリで、コストパフォーマンスは良いものでした。事前には品数の多さを心配していましたが、前菜からメインまでいずれも食べやすい料理ばかりで、「ガーリックテールステーキ」と「キャベツの櫛切り」が少し残っただけ完食です。幹事として安堵しました。
 

午後9時近くの渋谷駅周辺は夕方よりも若者たちと外国人が増えたようで、歩道は歩くのもままならない状態に。その雑踏をなんとか抜けて、渋谷駅へ向かいました。
 
 

住所: 〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町26-4 Lu82ビル4F

電話: 050-3469-6433

URL: https://r.gnavi.co.jp/dmn9uyc70000/

«神保町のタイ料理店「ムアン・タイ・なべ」