« イタリア料理店グッチーナ | トップページ | ポルトガル料理「マヌエル カーサ デ ファド 四谷店」 »

2011年6月18日 (土)

代官山のMEXICO料理店「ラ・カシータ」

東急・東横線の始発駅である渋谷駅から一区間の代官山駅を降りました。右手の坂道を下りてガードを潜って渋谷駅方向に向かい、代官山アドレスのタワー(高層マンション)と商業施設が入るジ・アネックスの脇を通過すると最初の交差点に行き当たりました。駅から徒歩3分の距離です。

その交差点の右手角にあるセレサ代官山の2階へ階段を上がるとメキシコ料理店「ラ・カシータ」(La Casita)がありました。小雨が降り始めたため予約したよりもかなり早い時間に入店しましたが、ご主人(オーナーシェフ)と女性店員が気持ちよく迎えてくれ、テラスのように開放感のある上席に案内されました。ネオンサインの下辺りです。代官山アドレスと駅から伸びる道路を見渡すことが出来ます。メンバー全員が揃(そろ)ったところでご主人がドリンクの注文を聞きます。迷わずメキシコのビールを選びました。6人以上の予約客にはワインのボトルがサービスされるそうです。
 
2011_0616_0265 
取り敢えずビールで乾杯。メキシコの高級ビール「ボヘミア」(ボエミア)は、日本のビールと違う濃くのある味で、予想以上の美味さ。
 
2011_0616_0273 
予約したカシータコース(一人4,500円)の配膳が始まりました。最初はEntremés Surtidos (前菜3種盛り合わせ)でワカモーレとセビッチェなどが小さなトルティーヤに盛られています。
 
2011_0616_0277_2   
次のQuesadilla(ケサディージャ)はチーズの包み揚げ。
 
2011_0616_0274_2    
赤ワインもやはり飲みやすいのでラベルを見ると何故かイタリア製。後で調べると、エミリア・ロマーニャ産のサンジョヴェーゼという葡萄を使ったワインでした。メキシコにもワインがあると思うのですが・・。
 
2011_0616_0281 
続くTacos de Vegetal(野菜と小エビのタコス)は、本場のような大きさではなく、大きめの餃子サイズで食べやすい。チーズがタップリ入っていながらあっさりしている味が女性に人気だそうです。
 
2011_0616_0278 
Ensalada Mixta(ミックス・サラダ)は数種類のレタス、アボカド、トマトのサラダです。
 
2011_0616_0284 
Camarones al Mojo de Ajo(海老にんにく炒め)は香ばしいにんにく風味。
 
2011_0616_0287 
Guisado de Albondigas(肉団子鍋メキシカンスタイル)はメキシコの唐辛子を使ったトマトベースの辛い肉団子鍋です。
 
2011_0616_0288 
ここでメンバーの一人がテキーラを注文。再び乾杯。
 
2011_0616_0291 
Arroz a la Mexicana(メキシカンライス)はエビ、チキン、トマトで炊き上げたピラフですが米粒が細かくされていて独特の舌触りです。
 
2011_0616_0294 
美味しい酒と料理、行き届いたホスピタリティはいずれも申し分ありません。料理が気に入ったかと訪ねるご主人の心配りにも満足して店をあとにしました。

小雨がそぼ降るなかを代官山駅まで戻って、定例の二次会会場を探しましたが、午後9時の閉店時間の間際でした。他には喫茶店が見当たりませんので今回は早めのお開きとなりました。
 

住所: 〒150-0034 東京都渋谷区代官山町13-4 セレサ代官山2F
TEL: 03-3496-1850
URL: http://www.lacasita.co.jp/

« イタリア料理店グッチーナ | トップページ | ポルトガル料理「マヌエル カーサ デ ファド 四谷店」 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1089369/40443464

この記事へのトラックバック一覧です: 代官山のMEXICO料理店「ラ・カシータ」:

« イタリア料理店グッチーナ | トップページ | ポルトガル料理「マヌエル カーサ デ ファド 四谷店」 »